営業能力検査

無料の高品質な検査 オンライン受検 回答時間20分

即時に結果を報告 検査にそったトレーニングも充実

ほとんどの営業は売れる理由」を理解していない。

12,000名の行動特性

1万2000名の研修受講者の発言態度アクションプランから行動特性を観察。

大手企業から中小企業、新入社員から役員までその幅は多岐に渡る。

顧客はなぜ買ったのか?

売る側と買う側の両方を観察することによって、初めてその理由がわかる。

売る側の理屈、

買う側の背景。

売れない理由は2つある。

売る側の都合や思い込み買う側の背景や立場の理解不足。

顧客の組織のメカニズムを理解している営業はほとんどいない。

コンピテンシーを測定しても発見できない。

観察から見えた真実

コミュニケーション力が高いからといって売れるわけではない。

営業トークやプレゼンテーションが下手でもハイパフォーマーは多い。

提案書の作り方を学んでも表現力は上がらない。

本に書いてあることと実態は違う。挙げれば100を超える。

営業を測定するツールの課題

これまでも営業力を測るツールはいくつもあった。

学力や性格を測定、身だしなみやマナーのチェック会話の仕方など様々ある。

ハイパフォーマーの学力や性格を測り、得られた結果から積極性を高めるよう指導する。

これで売上に繋がったことはあるだろうか。

売上につながる要素を適切に測定しなければ能力を開発することはできない。

時代の変化

考えるよりも行動する。営業に求められていたこれまでの役割。

訪問数と提案数。実際にそれで売上は上がっていた。

ITやインターネットが普及して20年。情報が簡単に手に入る。

時代は変わった。顧客は我々よりも知っている。その情報の先をどう見るのか。

考える営業、答えを作り出せる営業が求められる。


デジタルネイティブ時代に対応した

新しい営業能力検査の開発

新時代に対応できる営業能力が必要となっている。

顧客の

本当のパートナーへ

商品を紹介する。使い方を説明する。

動画とCRMがあれば人が行う必要はなくなる。

問い合わせもチャットボットで7割解決する。

顧客と一体となって問題を解決できる営業へと変わらなければならない。

価値を形にする。

顧客と一体となって問題解決に取り組む。

その価値を標準化し、市場へ提案する。

自分たちが何者であるか、何を提供できるのか。

強みを理解し、形にする。

能力を開発する。

提案営業、コンサルティング営業。概念が生まれて数十年。

未だに問題を発見する力、解決策を組み立てる力は身についていない。

誰も正解がわからず、鍛え方もわからなかった。

今は違う。身に着けるべき能力、実践方法は明確になっている。

知識と実践の測定

知っていてできないのか、知らずにできないのか。

知らなくてもできている、知っていてもやらない。

実践して結果も出ている、実践しなくても結果が出ている。

知識と実践、結果を数値化する。

どこ伸ばせばいいかデータが教えてくれる。

わかるフレーム。

計算能力が低い。内向的である。よくあるフィードバックのコメント。

営業力にまったく関係ない。


「話す・聞く・書く」そして「商品知識・顧客の理解・新時代対応」

本質はすべてシンプルにできている。


営業能力検査の概要

営業能力検査はデジタルネイティブ時代を乗り越える営業の育成を目的としています。

日頃の営業活動に知識やスキルが与える影響を数値化し、能力の向上を促進します。

能力が伸びる結果レポート

伸ばすべきポイントがよくわかり、トレーニングしやすい内容となっています。

営業に求められる基本的な能力「話す・聞く・書く」について、知識・実践・結果を確認できます。伸ばすべきポイントが明確となります。「顧客の理解・思考・新時代対応」についても、同様にポイントがしっかりと確認できます。

営業に関する知識、能力、

日頃の営業活動を測定

話す、聞く、書く、商品知識、顧客、思考、新時代対応に関する知識・実践・結果を測定。

出題方法および出題数

選択式・115問

答えやすい選択式。精度を高める115問。

回答時間

20分程度

1問の回答時間は10秒程度を想定しています。


測定領域

1.営業に関する能力

営業に関する基本的な能力を確認できます。知識・実践・結果の内訳により、習得・実践すべきポイントが明確となります。

営業能力

営業に関する総合的な能力を得点で示します。(0~100点)

ハイパフォーマーの行動、マイナス行動に合致する割合を示します(パーセント表示)

話す

営業トークやアポイントなど話す能力を指数で示します。(1~5ポイント)

知識・実践・結果の内訳を確認できます。

聞く

ニーズのヒアリングや聞く姿勢など聞く能力を指数で示します。(1~5ポイント)

知識・実践・結果の内訳を確認できます。

書く

提案書やメールなど書く能力を指数で示します。(1~5ポイント)

知識・実践・結果の内訳を確認できます。

2.知識・思考・新時代対応

顧客の理解やメカニズム、情報の捉え方、新時代対応について確認いただけます。

顧客の理解

顧客の心理と組織のメカニズムについて理解度を指数で示します。(1~5ポイント)

顧客の心理組織のメカニズムの内訳を確認できます。

思考

問題や情報の捉え方を指数で示します。(1~5ポイント)

知識・実践・結果の内訳を確認できます。

新時代対応

オンライン営業やIT活用など時代の変化への対応力を指数で示します。(1~5ポイント)

知識・実践・結果の内訳を確認できます。

3.タイプ分析

思考や行動のパターンから測定された価値観のタイプを示します。(4タイプ)

4.測定の方向性

  • BtoB企業の営業の在り方を中心に設計。BtoCの要素を加え双方に対応。

  • 知識・実践・結果の3階層により、課題が見える測定方法を設計。

  • 営業能力の総合得点を算出することによってレベル感を把握する。

  • 項目については「話す・聞く・書く」という営業の基本的な行動を軸に測定。

  • 商品知識、顧客の理解、新時代対応など、これからの営業に求められる知識や行動を測定。

  • 自己の営業スタイルの確立のため自己の本来のタイプを測定。


得点・ポイント表示について

得点の目安

  • 80~100点 営業としての能力を十分に持っていることに加え、マーケティングや新規事業においても活躍する能力を保有している。

  • 60~79点 営業としての能力を十分に持っている。1つ上を目指してキャリアップを図ることが望ましい。

  • 50~59点 平均的な能力を示している。営業としての伸びしろがまだ十分にある。

  • 40~49点 営業としての伸びしろを多く持っている。各項目の知識と実践をよく確認し、伸ばしやすいテーマから取り組むとよい。

  • 40点未満 営業やビジネスパーソンとしての伸びしろを多く持っている。自分のペースで基本的な知識から学ぶとよい。

ポイント表示の目安

  • 5ポイント 該当する項目について高度な状態。

  • 4ポイント 該当する項目について十分な状態。

  • 3ポイント 該当する項目について平均的な状態。

  • 2ポイント 該当する項目について不足している状態。

  • 1ポイント 該当する項目についてほぼ何も習得していない状態。


キーワード学で営業能力検査を開発する理由

社会人3年目。医療器械の商社でドクターと商談に取り組む。多忙なドクター。ほとんど会えない。カタログに名刺を添えて一言書いて机に置いた。「出血の少ない電気メスです」その一言だけだった。3ヶ月後、600万円で購入が決まった。このときからたった一言でニーズの確信に迫る手法の研究が始まった。一言で人は感動し、泣き、笑う。一言に人生が現れ、人を動かす。顧客を本当に理解し、考え抜いた言葉が共感を呼ぶ。ホームページのキャッチコピー、パンフレットの一言一言、キーワード学は営業があったからこそ生まれた。自分のことしか考えずに作った言葉では動かない。顧客をよく理解し、価値を正しく伝える。これがキーワード学で営業能力検査を開発する理由となっている。

受検方法

Webで受検できる検査となっています。スマートフォン、タブレット、PCでご利用いただけます。

下記の「無料で受検する」をクリックして受検フォームの画面に進んでください。画面の指示に従って必要な項目に入力、および回答を選択してください。

システム要件

スマートフォン(ios・android)、タブレット、PCに対応しています。

対応ブラウザ

Chrome、Firefox、IE11、MS Edge、Safari

報告方法

結果レポート(PDF)をeメールにて送信いたします。

受検後、当日中に送信いたします。

(予期せぬサーバーの不具合等により報告が遅れる場合があります。あらかじめご了承ください。)

具体的な検査の受け方はこちら




ご利用料金

無料にてご利用いただけます。


企業様用に人材データベースを作成するためのシステムをご用意しております。詳細は問い合わせフォームよりご相談ください。

専用ページ、一覧表の出力、部下育成用のプロフィールのご用意などが可能です(こちらは有料となります)。


フォローアップ講座

発見した課題はトレーニングで解決しましょう。

課題がわかっても解決できなければ意味はありません。検査の項目にそって営業のノウハウを習得できる講座をご用意しております。20年間4000社の顧客に営業し続けた現場のノウハウで一緒に能力を向上しましょう。

講座の概要はこちら。(ストアカ)


ご利用にあたっての注意点

本検査は、人間性や価値観、また、道徳的な見地に関する内容を得点化したものではありません。あくまでも営業能力に関する伸びしろを測定しようとするものです。そのため、得点の高い方は営業としては完成されており、次のステップを望める可能性があり、得点の低い方は営業としての伸びしろが多数あるということになります。得点が低いということが、営業のセンスがないというわけではありません。この検査によって明確な指標を得て、効率的に能力を伸ばすことが可能となります。


禁止事項

同業の方(適性検査や適性診断の開発・販売に関わっている方、経営コンサルタント、研修講師、それらを始めようと考えている方、また、それらと類似の方)、インターネットのサイトへの情報掲載を考えている方、書籍・雑誌等に対策を掲載しようとされている方、反社会勢力に関係のある方など、当方に不利益となる可能性のある方は利用禁止しております。あらかじめご了承ください。


本検査の記事・文章・写真・イラスト・画像・動画等に関する著作権は、本検査の管理者であるきわど 郎太が有しております(デザインテンプレート、フリー素材を除く)。 著作権法に定められた私的使用の範囲内での使用を除き、事前に許諾を得ることなく無断で転載、複製、改変、公衆送信、翻訳、販売等をすることは禁止されています。


また、本ページの管理者きわど 郎太は、このページに掲載した情報に誤りがあった場合、第三者によるデータの改竄等があった場合、データ伝送等によって障害が生じた場合に関し、一切責任を負うものではありません。