キーワード学


”言葉であらゆる問題を解決し、新しい価値を生み出す”


人は言葉を使って思考する。

目に映る情報、耳に入る情報、脳はそれを言葉で処理する。

問題が発生したとき、最初に脳裏に浮かぶのは「どのように対処すべきか」。

解決された状態を情景としてイメージはしない。

考えるということは、すべての情報を言葉に置き換えて処理するということを示している。

問題は複雑にできている。

問題はいくつかの要因が複雑に絡まって構成されている。

複雑なまま問題をとらえれば、解決はいっそう難解となっていく。

要因を分類し、情報を整理しなければゴールが見えることはない。

シンプルに考える。

脳は文章で考える。そのつながりで意図を読み解く。

問題が複雑になるほど文章で作られた情報は扱いが困難となる。

同様に情報量が増えれば処理の容量を迎える。

情報を扱いやすい状態にしなければ、複雑な問題に対応できない。

キーワードで見る。

問題は複雑であるが、個々の事象は単純である。

文章で考えることをやめ、単語で物事をとらえてみる。

すべてのことが驚くほど単純な世界と変わっていく。

脳内ネットワークがキーワードの世界感を構築し始める。

脳を高速化する。

キーワードで情報を処理する脳。

文章で思考していたときとは比べものにならない。

情報量、処理速度、アウトプット、いずれも圧倒的な速さとなる。

ひらめきもまた然り。


”情報をつなげて、新しい価値をつくる”


言葉は価値を生み出す

人は言葉で考える。

新商品の開発。こういうものが欲しい。言葉にした願望。

それが価値となる。

新しい価値。

ゼロから有は生まれない。

新しい価値は存在するものを掛け合わせて生み出される。

異なる文化、異なる業界を超えて融合する。

距離が遠いほど、まったく新しい発想が生まれる。

言葉がつなげる。

発想は無限である。

異なる文化、技術を言葉でつなげてみる。

高速化された脳が勝手にシミュレーションし始める。

言葉が新しい価値を次々と生み出す。

高速に実行する。

高速化した脳は実行においてもその力を発揮する。

実行プランの高速シミュレーション。

失敗時の対応プラン。

価値を生み出した瞬間、実行プランが頭のなに広がっている。



キーワードによって高速化された脳


本質が一瞬でわかる

情報と情報のつながりを瞬時にとらえ、本質を見抜く力が発揮される。

新しい価値を生み出す

言葉と言葉を繋げるということは、意味と意味、価値と価値をつなげる。

言葉によって新しい価値が生み出される。


そのためにキーワード学ではこの思考方法を推奨している

シンプルに考え

つなげる


関連記事

そもそもキーワードとは一体何なの?まず最初にキーワードの定義から考えていこう

問い合わせを増やすプロモーションの極意を解説。


日本企業は「投資への知識」と「結論を導く力」が不足している。キーワードで直感・センスを磨き、新しい時代を乗り越える。

たった一言で売上が上がる。

キラーワードを磨くということは、

伝える力を磨くということ。

いいキーワードを作るにはコツがある。

創造力という「考える能力」が新しい社会を構築する。